ハピスキのロゴ画像

BLOG

ブログ

シングルマザーライターさっちゃんさんにインタビューしました!

2022/03/11

【はじめに】

沖縄在住。

シングルマザーで子育てをしながら業務委託のライターとして働くさっちゃんさん。

毎月の執筆数50本という脅威の数字を叩き出しながらも、書くのが好き!

と楽しそうに語るさっちゃんさんにライターのお仕事のあれこれを聞いていきます!


何よりも仕事が楽しい

ー 今日はよろしくお願いします!

早速ですが、経歴から簡単にお伺いしてもよろしいですか?

ライター自体は、10年前子供が生まれた時に、家でできる仕事をと思って始めました。

当時、ネットショップを自分でやっていて、メルマガとかバナー制作とかをしてたので

もともと書くことが好きで。それでバナー制作とライターを始めたんです。

ーとなると、ずっとライターをされてるような感じなんでしょうか?

いえ、専門学校を卒業した後は企業に就職をして、途中結婚して専業主婦の時代もありました。

その後、離婚したタイミングで再就職して、並行してライターを始めた感じです。


ーそうだったんですね。

子育てをしながらとなると、毎日どんなスケジュールで執筆されてるんでしょうか?

寝てる時間と子供の送り迎えとご飯作ってる時間以外は全部やってます。笑

ーおお、となると、10時間12時間くらい

そうですね、余裕でやってますね。


ーもうずっと働かれてるようなイメージですね

働いてるは働いてるんですけど、私にとってライターって好きなことなので、

ただ好きなことやってるっていう感じなんですよね。笑

外に働きに出て仕事するっていうよりは全然良いです。


ー素敵です!とはいえ、しんどくなることとかはないですか?

子育てに時間取られて全然書けない時が結構しんどいですね。

本当はずっと書いていたいんですけど。

ー書けないことがしんどいなんて、本当に書くことがお好きなんだなってことがひしひし伝わります。

ちなみに、月50本執筆されてると聞いた時に桁がおかしいなって思いました笑

他の方にお話しするとみなさん驚かれてます。

恥ずかしい。笑

でも、友達で月100本とか書いてる人もいるので、私は全然まだまだって感じです。

ーええ、100本…まだまだ上を目指されてるんですね。

行けるところまでは書きたいです。笑

ハピスキで働く一番の理由は”人”

ー今は主にハピスキでの執筆をされている感じでしょうか?

そうですね、もう完全にメインです。

ー求められる質が高いと大変な部分もあるかと思うのですが、

ハピスキでフルコミットしていただける理由ってあるんでしょうか?

一番は、働きやすいことですね。本当に、働いてる方がみんないい方ばっかりなんですよ。

特に編集者のお二人とお仕事をしてると、勉強になることが多くてこの中で働くのが心地いいんです。

こちらの案件を先にやっちゃう癖が付いて、楽しいからそのまま完全にメインになっちゃったって感じかもしれないです。

ーなんだか私も嬉しいです。笑 ちなみに、能登谷さんってどんな方ですか?

私の方がだいぶ年上なんですけど、何か本当に働いてて尊敬します。あと信頼もしてますし。

色々不安なことを相談すると、「大丈夫じゃない?」っていつも言うんですよね。

「大丈夫、大丈夫」みたいな。それで不安がなくなると言うかそんな感じです。

つい最近でいうと、インタビュー記事の依頼が来た時にインタビューが苦手なのでやめようと相談したのに、最後はなぜかやる気になってるっていう。笑

ーええ、わかります!私も転職の時に、最終的にどうしようか悩んで正直に相談したら、

悩むでしょ。いいんじゃない、とりあえずやってみたら」って言われました。笑

もちろん期待してくれてるのも伝わるけど、失敗しても別にいいよみたいな感じですよね。

そうですね。なんか気が楽になるというか、やってみようかなって思うんですよね。

なので1年続いてるのかなって思います。

あと、外注ライターなのにある程度任せてくれるところも嬉しいですね。

”一番に名前があがるライター”でいたい

ー率直に、今後もハピスキで働きたいと思いますか?

思います!

ー完全に言わせてしまったみたいな質問でしたね。笑

今後、ハピスキでこんなことをしたいとか、なりたい目標などはありますか?

一番に名前が挙がるライターとして活動してたいですね。

例えば、急いでる案件とか、ボリュームある案件が来たときに、自分に任せてもらいたいです。

ーあ、それならもうなってますね。笑 いつも名前上がってますよ。

そうなんですか。笑じゃあ、それを維持できるように頑張ります。笑

あとは、編集者も目指したいです。

ただ、記事はずっと書いていたいので両立できれば良いなって思います。

ー素敵な記事が書けそうです!

でもなんでしょう。このさっちゃんさんの前向きなキラキラした感じは、、

そんなことないですよ笑

ー本当に滲み出てるんですよ。なぜなんでしょう?笑

沖縄にいるからかな?太陽と海と気候がいいので!

ーなるほど。沖縄パワーですね!

もし、気分が下がった時は沖縄にお邪魔します。笑

絶対いいですよ!

【おわりに】

全体を通して、とにかく楽しい雰囲気が伝わってきて私まで嬉しくなりました。

好きを仕事にするって強いなと改めて実感しましたし、仕事であり趣味でもある、私もそんな風に働きたいなと思いました!

あとは、場所を選ばずフルリモートでできるのもライターの良いところですね!

ちなみにさっちゃんさんは、気晴らしに沖縄の海が見えるカフェで作業することもあるんだそう。

特に子育てをする女性にはぴったりな職業だと感じました。

もしこの記事を読んでライターという仕事に興味を持った方は、以下のリンクから是非ご応募ください!

仕事の内容や、雰囲気を詳しくご説明させていただきます!

この記事を書いた人
海野 麗
海野 麗
大学時代にスタートアップベンチャー企業で2年間インターンを経験。 ・旅行プランナー:2,000件のプランニング実績 ・Instagramの運用:1年でフォロワー13,000人と4ヶ月で5,000人のゼロ一の立ち上げを経験し、その間キャンペーンの企画運営等も担当した。 その後、大手企業にて販売職を経験したのち、SNSマーケターとして、株式会社ハピスキで勤務。